ONAE
篠山城下町ホテル NIPPONIAについて

NIPPONIAブランドのフラッグシップとして2015年10月3日にオープンする「篠山城下町ホテル NIPPONIA(ニッポニア)」は兵庫県篠山市北新町に位置する、約400年の歴史を持つ、国の史跡に指定されている篠山城の城下町全体を「ひとつのホテル」と見立て、築100年超の古民家を含む4棟を、宿泊施設、飲食店等として改装した宿泊施設です。

宿泊棟は、築100年を超える明治時代のものから昭和のものまで、歴史的に価値の高い建物が中心です。滞在中で、その歴史ある空間に包まれ、趣を感じることができます。4棟ある宿泊棟の名前には、ONAE(オナエ)、SAWASIRO(サワシロ)、NOZI(ノジ)、SION(シオン)と、菊の名称をつけました。
菊と篠山の関わりは古く、旧篠山藩主が当時の将軍から拝領したと伝えられるのが「お苗菊」です。毎年秋に3000鉢の菊が並ぶ「篠山市菊花展」など、菊は今も、篠山の人々に愛されています。

土地、そして建物の歴史性を尊重しながら、地域で暮らすことの豊かさを実現できる「場」として、土地に、歴史に、街に、溶けこむように過ごす体験をご提供します。

  • ONAE
  • SAWASIRO
  • NOZI
  • SION
  • 位置関係図
ONAE
ONAE

この建物は、篠山城下町西町の旧山陰街道沿いに位置する明治期に建てられた元銀行経営者の住居でした。古図によると、建物は現状の約4倍、敷地は2倍あったとされています。その後、土地や建物の譲渡や解体・崩壊などで消失し、現在の規模になったと思われます。
現在では、主屋、離れ、土蔵、庭園が残っており、庭園にはその昔に篠山城の見張り台として使われていたとされているエノキの大木がシンボルツリーとして佇んでいます。
建物は、篠山城下町の町屋の特徴である下屋(主屋から差し出してつくられた小屋根)を有し、その高さは周囲の建物と合わせて連続したまち並みを形成しています。また、むし小窓や荒格子・細格子、摺り上げ大戸など、篠山城下のデザイン要素で構成されているが、一部洋風のガラス戸があるなどモダンな印象が特徴的です。

ONAE棟 図面

SAWASIRO
SAWASIRO

この建物は、春日神社付近に位置する西町に位置する、茶屋を営む店舗兼住宅でした。創建は江戸後期とされ、篠山城下町ホテルNIPPONIAの4棟の中で最も古い建物となります。吹き抜けた土間は開放的ながらも、当時からの梁などを見ることでき、その歴史と風情を感じることができます。
厨子(ツシ)二階に位置する部屋からは、眼下に春日神社を望むことができ祭礼時の山車を見ることができます。中央付近に位置する部屋では、昔の座敷を改装した最も格式の高い部屋が。また、昔の姿を残したお風呂をそのまま利用することができたりと、各部屋の保存状態もよく古民家宿泊ならではの歴史の趣を楽しむことができる宿です。

SAWASIRO棟 図面

NOZI
NOZI

この建物は、国の伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に指定された河原町の一角にあります。創建は明治前期とされ、長屋として建築されたとされています。篠山の長屋には珍しく京都の町家に多く見られる平入り厨子(ツシ)を屋根に持つ、間口が狭く奥行きが深い敷地・建物の形状は、創建当時の趣を良く残しています。
街道に面した母屋からは、特徴的でもある格子越しの情景を楽しむことができます。扉を開ければ城下町(国に伝統的建造物群保存地区に指定された河原町)にすぐに出かけることのできる部屋と、昔の姿を色濃く残すことができた、土壁や土間、そして宿泊時に使用できる五右衛門風呂を持つ、奥に位置する離れと、古民家ならではの趣と街を愉しむことのできる宿です。

NOZI棟 図面

SION
SION

この建物は、伝建地区に指定された河原町付近に位置する建物です。一度改装されたこともあり、現代風の外観ながらも、どこか実家に帰ったような気持ちにさせてくれます。また付近には篠山稲荷や公園があり、気ままな散策から街歩きまで、街を愉しむことのできる建物です。

SION棟 図面

位置関係図


お食事 – ONAE
ONAE food
土地を楽しむ本格フレンチ

丹波篠山には古くから栽培される全国的にも名高い特産品が多く、まさにブランド食材の宝庫です。
江戸幕府にも献納され、宮内庁にもお買上げされたことにより一気に名を高めた「丹波の黒大豆」、持統天皇の奨励により栽培が始まったと言われ、日本書記(704年)にも登場する「丹波栗」、香りの良さ弾力に富んだ歯ごたえで広く知られる「丹波松茸」、粘り強さは長いもの約4倍とも言われ、滋養強壮や疲労回復に効果的な「山の芋」といった山のもの、丹後・但馬の鮮魚、蟹といった海のもの、秋には丹波篠山の豊かなかな森の恵みを受け育ったイノシシや鹿が楽しめるジビエ、兵庫県内産の非常に肉質の良いとされるブランド牛「但馬牛」。
月ごとに旬を迎える滋味豊かな地元産食材を関西フレンチの巨匠 石井之悠が最高の状態で、皆さまにご提供させていただきます。食材豊富な丹波、但馬、兵庫のブランド食材をふんだんに盛り込んだ土地に根ざした優しい味わい、自然の生命力をいただく本格フレンチ”テロワール・エ・ナチュール”をお楽しみください。