NIPPONIA

NIPPONIAとは
NIPPONIAは、各地に点在して残されている古民家を、その歴史性を尊重しながら客室や飲食店、または店舗としてリノベーションを行い、その土地の文化や歴史を実感できる複合宿泊施設として再生していく取組みです。
background
FLAG-SHIP : 篠山城下町ホテル NIPPONIA
400年の歴史に、とけこむように泊まる。

NIPPONIAブランドのフラッグシップとして2015年10月3日にオープンする「篠山城下町ホテル NIPPONIA(ニッポニア)」は、約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町全体を「ひとつのホテル」と見立て、築100年超の古民家を含む4棟を、宿泊施設、飲食店等として改装した宿泊施設です。

宿泊棟は、築100年を超える明治時代のものから昭和のものまで、歴史的に価値の高い建物が中心です。滞在中で、その歴史ある空間に包まれ、趣を感じることができます。
4棟ある宿泊棟の名前には、ONAE(オナエ)、SAWASIRO(サワシロ)、NOZI(ノジ)、SION(シオン)と、菊の名称をつけました。
菊と篠山の関わりは古く、旧篠山藩主が当時の将軍から拝領したと伝えられるのが「お苗菊」です。毎年秋に3000鉢の菊が並ぶ「篠山市菊花展」など、菊は今も、篠山の人々に愛されています。

特設サイト:sasayamastay.jp

電話番号:0120-210-289

篠山城下町ホテル NIPPONIA 宿泊予約を行う
NIPPONIA
ネーミング

「ニッポニア・ニッポン」日本を象徴する鳥と呼ばれるトキの学名です。トキも日本の歴史的な古民家やまち並みも、日本の大切な宝物だけど、大切に守り育てなければ消えていってしまいます。日本の歴史的なまち並みや暮らしを、ホテルとして生かし、未来へとつなげたい。そんな想いを込めて「ニッポニア」と名付けました。

ロゴマーク

デザインは、日本の伝統工芸再生をライフワークとし、日本にとどまらずイタリアを始め国際的に活躍するデザイナー、喜多俊之氏が担当。「格子戸」「障子」「光を通す扉」「おもてなし」など、古民家の持つ視覚的形状をシンボル化しながら、時代を経ても変わらない古民家の上質感や美しさを、シンプルに表現しています。

Divider Background
MAKING OF NIPPONIA
FRIENDSHIP - NIPPONIA
集落丸山
集落丸山
限界集落「丸山」を再生した宿泊施設です
旧木村酒造場 en
旧木村酒造場 EN
"天空の城"竹田城下、築400年の複合施設です
豊岡1925
豊岡1925
豊岡復興のシンボルを再生した複合施設です
地域資産活用協議会 Opera
Opera
地域資産活用協議会 Opera公式サイト